初心者は何からオーガニックコスメに変えるのがおすすめ?

さて、最近テレビや雑誌などのメディアでも、よく「オーガニックコスメ」という言葉を見かけるようになりました。雑誌の記事を読んでオーガニックに興味を持ち、「今使っているコスメをオーガニック化粧品に変えてみようかな」「コスメを通販で買ってみようかな」なんて思う人もいるかもしれませんね。

数年後、数十年後の肌のことを考えるなら、やはり早いうちにオーガニック化粧品に切り替えることをおすすめします。とはいえ、一言で「オーガニックコスメ」と言ってもいろいろあります。シャンプー、化粧水、ファンデーション、ハンドクリーム、ボディクリームなど、書ききれないほどの種類があります。

これらを「すべて一気に」オーガニックコスメへと切り替えるのは、正直難しいと思いますので、当サイトでは「オーガニック初心者」でも気軽に始められるにおすすめのトライアルキットをランキングで紹介しています。

1位.ネオナチュラル


色んなスキンケア商品があり、どの商品も健康ブームや自然派人気に乗っかって、いかに自社商品が安全で、自然にこだわっているかというのをアピールしています。

確かに自然派は、肌に良いです。なので自然派化粧品を利用するのは、決して悪い事ではありません。たくさんの自然派商品があってどれを選べば良いのか迷ったり、本当の自然派コスメを選びたいならば、おすすめなのがネオナチュラルのスキンケア商品です。

素材からこだわっているスキンケア商品「ネオナチュラル」

2位.HANAオーガニック

トライアルセット234×60
HANAオーガニックは、オーガニックの良さを最大限に引き出すために肌に刺激となる成分が含まれていません。

無着色、無香料、無鉱物油、パラベンフリー、石油系成分フリー、石油系防腐剤フリーです。「オーガニックだから、こういったものは入っていないのが普通じゃないの?」と思うかもしれませんが、日本のオーガニックコスメには基準があまりなく、こういったものを入れてもオーガニックコスメとして発売はできます。

しかし、それではせっかくのオーガニック成分が台無しになってしまいます。安価なものを使えば価格を安くして、さらにオーガニックコスメとして発売できますが、それをやらないできちんとしたオーガニックコスメを届けているのが、ハナです。

HANAオーガニックは自分史上最高の肌を作るための化粧品

3位.オラクル


化粧品でおすすめの年代は?どんな肌質人が使うべきなのか?と思うこともあるかもしれませんが、オラクルを使うのをおすすめするのは、全ての女性です。10代だとまだ肌の代謝も活発でスキンケアをしなくてもいい年代ですが、20代になってくると肌のスキンケアをしないと後々の肌に影響が出てしまいます。

また、オラクルは年齢肌を気にする年代にもおすすめです。

年齢と共に肌の悩みが増えていくかと思うので、オラクルで悩みをきれいさっぱりと解決する事もできるかもしれません。オラクルのホームページを見ると、20代~60代の女性から口コミがあるので幅広い年齢でオラクルを利用できるのが分かります。

また、敏感肌でもオラクルを利用しているという人もいますし、オイリー肌でも乾燥肌でも、オラクルを利用している人はいます。

なぜ幅広い年代が利用でき、肌質を選ばない化粧品なのかと言ったら、それはオラクルが自然に任せて作っているスキンケア商品だからです。自然界にあるものだから刺激が少なく、4元素を大切にしているから肌の総合的な悩みに効くのです。

植物の力を信じて独自に研究を重ねたオラクルのトライアルセット

4位.「琉白」トライアルセット


自然の宝庫である沖縄の恵みを利用していて、さらにオーガニックコスメならば試してみたい!というならば、まずはトライアルセットで琉白の良さを実感しましょう。トライアルセットは、なんと990円という安さです。2600円相当のトライアルセットが1000円未満で購入できるなんて、かなりお得ですよね。

ただし、毎月200名様のみの限定発売です。しかもウェブ限定なので、申し込みはインターネットからです。そして、1家族1セットなので注意しましょう。欲張っちゃダメという事です。

トライアルセットに入っているのは、洗顔ソープ、化粧水、クリーム、オイル、泡立てネットです。

月桃を利用したオーガニックコスメ「琉白」のトライアルセットとは?

5位.ブルークレール

ブルークレールトライアルセット
ブルークレールに利用されている成分は、多くの植物エキスなどです。ダイズエキス、バラ水、黒糖、はちみつ、シルク、シソなど書ききれないぐらいたくさんの植物や自然からできたエキスが配合されています。

これらは、主に肌に水分を与える役割をしています。

油分を与える役割としては、アボガドオイル、オリーブオイル、ひまわりオイルなど、油分も複数の植物からできたオイルを利用しています。

植物や自然界にあるものは、それぞれに特徴を持っています。含まれる成分も違えば、長所や短所も違います。たくさんのエキスを抽出する事で短所を他の成分がカバーし、良い化粧品が作られているのです。

徹底的に無添加にこだわったブルークレールトライアルセット

使ってみたいけどオーガニックコスメって何?

近頃、何につけても「オーガニック」のものが人気です。詳しくは分からないという人も、「オーガニック」という言葉を聞いたことはありますよね。オーガニックのものはたくさんあるのですが、コスメもオーガニックのものがあります。それらを総称して「オーガニックコスメ」と呼んでいます。

オーガニックコスメというとなんとなく「肌に良さそう」「刺激が少なそう」などのイメージがありますよね。みなさんそれぞれ、いろいろなイメージを持っていると思います。ここでは、「初めてオーガニックコスメを使う人」や「これからオーガニックコスメを使ってみたい人」に向けて、「オーガニックコスメとは何か」、詳しくお話ししたいと思います。

オーガニック化粧品はこんなコスメ

そもそも「オーガニック化粧品」とはどのようなコスメのことを言うのか、ご存じですか?
ではまず、どんなコスメなのかを説明したいと思います。

実はオーガニックコスメという言葉は日本発の言葉で、「自然派化粧品」のことを言います。海外ではナチュラルコスメと呼ばれることが多いです。

農薬や化学肥料を使わずに育てられた植物を主として作られたナチュラル化粧品のことですね。有機栽培のことを「オーガニック」と言い、安全性の高い「天然成分」から作られているため、天然化粧品の中でも肌トラブルが起こりにくいコスメです。

化学物質を使ったコスメは、人によっては様々な肌トラブルをもたらすことがあるのです。自然派化粧品は、「肌本来が持つ機能を高める」ことができるコスメだと言われています。

オーガニックコスメは、「石油由来の成分や動物由来の成分は使わず、植物原料のうちの50%~90%をオーガニック栽培のもの」を使って作ったコスメのことをいいますが、日本ではオーガニック認定機関はないので、正直なところオーガニックコスメの規定は曖昧だと言わざるをえません。

海外ではオーガニック認定機関があり、それをパスしたものしかオーガニックコスメとして市場に出回ることはありません。とはいえ、日本のものがダメということではありません。国内で作っているという安心感はありますし、厳しい自社基準を設けているメーカーもたくさんあるのです。

海外のオーガニックコスメと日本の国産オーガニックコスメの違いは?

オーガニックコスメという言葉は日本で作られたものですが、「オーガニックコスメ」そのものは海外で作られたものが圧倒的に多いです。日本に入ってきている「オーガニックコスメ」の大半が、海外産のオーガニックコスメと言っても過言ではありません。

海外では、「オーガニック認証機関」という第三者の認定を受けたコスメしか「オーガニックコスメ」と名乗ることはできません。しっかりと調べているため、安全性や信憑性は高いと言えます。しかし海を渡ってくるので、どうしても値段は高めになってしまいます。

一方国産のものはどうでしょうか。日本のものが海外のものに劣るというわけではありませんが、日本では「オーガニック」の認証機関はありません。海外のようにオーガニックの基準がはっきりしておらず、曖昧なのです。

もちろん日本のブランドやメーカーの中には「完全オーガニック」のコスメもありますが、残念ながらそうではないブランドもたくさんあります。日本ではオーガニックコスメの基準が曖昧なため、たとえば1%(以下)でもオーガニック栽培の植物が使われていれば、残りの99%が化学物質であっても「オーガニックコスメ」と名乗れてしまうのです。

海外と日本の「最大の違い」はここにあります。

オーガニックコスメにはどんなものがあるの?

最近雑誌などで、「オーガニックコスメ」という言葉を見ることが増えました。デパートや大型スーパーの化粧品コーナーでも、「自然派化粧品」のコーナーを見かける機会も増えたように感じます。それはやはり、世間の注目度が上がっているからだと言えるでしょう。食べるものでも何でも、「品質」や「安全性」にこだわりたいと思っている消費者が増えている証拠ですね。

特に女性の場合、いくつになっても「若々しくきれいでいたい」と思うものです。化粧水などのオーガニックスキンケア用品はもちろん、ファンデーションやアイシャドーといったメイクアップ用品までこだわりたいという人もいるでしょう。肌に負担となるものを使いたくない!という人が選んでいるのが「オーガニックコスメ」です。

では、オーガニックコスメにはどのようなものがあるのでしょうか?

自然派コスメの定番はやはりスキンケア用品

少し前まで、オーガニック化粧水やクリームなどの限られたものしかありませんでした。それも日本のものはほとんどなく、海外のものが一般的でした。しかし今では、
・クレンジング
・洗顔料
・化粧水
・クリーム
・乳液
・オイル
なども自然派のものがあります。スキンケア用品をすべてオーガニックコスメにすることも可能ですよ。

オーガニックコスメのメイクアップ用品は何がある?

メイクアップ用品というと、何を思い浮かべますか?ファンデーション、アイシャドー、チーク、マスカラ、アイライナー、ルージュなど…いろいろありますよね。メイクは女性のたしなみでもあり、楽しみでもあります。

自然派コスメでは、化粧下地、ファンデーション、アイシャドーなどがあります。ファンデーションはパウダーもリキッドもありますよ。「ミネラルファンデーション」などが有名ですよね。

自然派化粧品の場合、天然由来の成分から作られているため石鹸だけで落とすことができます。普通のケミカルコスメの場合は、肌への負担が強いクレンジングを使わなければ落とすことはできません。

しかしオーガニックコスメなら、ミネラルや花びらなど天然の素材を使って色づけをしていますので、クレンジングをしなくても簡単に落とすことができます。

オーガニックコスメ(メイクアップ)の良いところは、肌に負担がかからないというところにあるのです。

自然派化粧品は肌の調子を整える

スキンケアでもメイクアップでも、オーガニックコスメには「肌の調子を整える」効果があります。肌トラブルを直接的に「治す」力はありませんが、肌が持つ機能を高めることができるのです。

本来わたしたちの肌は、なにもしなくても「潤う力」も持っているし、「水分を保つ力」も「外部刺激を寄せ付けないバリア機能」も兼ね備えているのです。それが環境やストレス、生活習慣などによって低下していき、様々な肌トラブルが起きてしまうのです。

おそらく今まで「一度も肌トラブルが起きたことがない」という人はいませんよね。

そんな肌そのものが持っている「本来の力」を引き出すことができるのがオーガニックコスメです。自然派コスメを使うことで、肌の調子が悪くなる原因をなくすことができる、というわけです。

スキンケアでは「HANAオーガニック」や「琉白」が、メイクアップでは「ラヴェーラ」や「ナチュラグラッセ」が人気も評判も高いブランドです。インターネットで購入することができますし、スキンケアではトライアルセットがあるものもありますので、まずはお手頃価格のトライアルセットから試してみると良いですね。

自然派コスメを選ぶときのポイント

さて、ここまで「オーガニックコスメ」がどのようなものなのか、を中心にお話ししてきました。

これからオーガニックコスメを使ってみようかなと思っている人からしたら、「日本のものより海外のものを選べばいいの?」と思ったかもしれませんね。もちろんそれも一つの方法ではありますが、やはり気候や肌質などの面から考えたら日本のものを使いたい!という人もいるでしょう。

先ほどから何度か言っていますが、日本ではオーガニック栽培の植物がほんの少しでも入っていれば「オーガニックコスメ」と謳うことが可能です。ですから、あえて「オーガニック」という言葉にこだわる必要はありません。

オーガニックコスメと書いていなくても、海外のオーガニックコスメと何ら変わりない品質のものはたくさんあるからです。ですから、「オーガニック」という言葉の有無にこだわるのではなく、そのコスメの成分などを確認してから購入することをおすすめします。

ページ上部へ戻る