肌を綺麗にする方法で肌のトラブルをなくす

綺麗な肌

ニキビや毛穴の黒ずみ、シワやシミ。
肌の悩みは色々とありますよね。

色々コスメを試しても、なかなか効果が出ない。
エステに通うのはお金がかかる。
こう悩む人も多いでしょう。

しかし実は、普段の生活の中で肌をきれいにすることは可能です!
ちょっと意識を変えたり、一手間加えるだけで良いのです。

今は、女性だけでなく男性の方も肌を気にする時代になってきました。しかし皆さん肌のケアを正しくできているでしょうか?
もし間違っていれば、今一生懸命ケアしていても意味がありません。それに、肌を傷付けている可能性があります。

肌を綺麗にするには肌のトラブルをなくす事が近道です。

肌のトラブルを考えながら今自分が正しいケアができているかチェックしてみましょう。

洗顔について

吹き出物やニキビなどが出来てしまうと「汚れが落ちてないから?」と思いゴシゴシ洗ってしまったり、必要以上に洗顔してしまっている方いませんか?しかしそれは、間違いです。

必要な皮脂まで落としてしまうと、皮膚が皮膚を足りないと思い余分に分泌してしまうのです。そうなると肌荒れを起こしたり、ニキビや吹き出物が治りにくくなる原因になってしまいますので注意しましょう。

洗顔の仕方

毎日の洗顔は、やり方によって肌の調子に大きく影響します。

クレンジングや洗顔の時、汚れをしっかり落とそうと、ついゴシゴシこすっていませんか?
摩擦は肌にダメージを与え、シミやシワの原因となります。

また、洗い過ぎは逆効果です。
必要な潤いまで奪ってしまうので、肌は乾燥を防ごうと余計に脂っぽくなり、毛穴は広がる一方です。

正しい洗顔は、優しく、適度に。

クレンジングは、アイメイクやリップなどを、ポイントメイクリムーバーで先に落とすことをおすすめします。
一気にクレンジング剤で落とそうとすると、どうしても肌をこすってしまうからです。

洗顔料は、しっかり泡立てることが大切で泡立てネットを使うと簡単にモコモコ泡ができるので便利です。たっぷりの泡を肌にのせたら、優しくマッサージするように洗いましょう。

特に皮膚が薄い目元は絶対にゴシゴシこすらないように。手と顔が直接触れないように、泡がクッションとなる程度が最適です。

洗い流す時は、ぬるま湯でしっかりと。
熱いお湯は乾燥肌の原因になります。

また、シャワーは水圧が肌に負担をかけてしまい、たるみの原因となります。
手ですすぎ残しのないように流しましょう。

正しい洗顔を続けていれば、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビなどは徐々に改善されていきます。
毛穴がきれいになればワントーン明るい美肌になります!

洗顔にもやり方や、どの部分から洗顔していくなどがあるので以下の項目をチャックしてみましょう。

この時に、毛穴を開いてから洗うようにしましょう。お風呂の場合は、すぐ洗顔するのではなくお風呂に入ってから15分位。洗面台で洗う時は、蒸しタオルを顔におき毛穴を開いてから洗顔するようにすると汚れが落ちやすいです。

1.洗顔の前に手を洗い清潔にしましょう。

2.キメの細かいフワフワの泡を作りましょう。
どのくらいの泡を作るか分からない方は、1度泡を作ってもらい手のひらを逆さにし落ちなければ大丈夫です。

3.顔全体に泡をのせて下さい。
最初に洗う部分ですが、Tゾーンや小鼻・顎の皮脂の多い所から洗っていきましょう。この時にゴシゴシ洗うのではなく、指が肌に触れるか触れないか位で優しく洗いましょう。他の目元・口元などは、泡をのせているだけでも汚れは落ちますので大丈夫です。

4.洗顔を洗い流す時ですが、泡がついてないと思い終わりにするのではなく、よく洗い流す事が重要です。できれば、ぬるま湯で20回以上は、洗い流すようにしましょう。この時に、こする必要はなく顔にかける感じで大丈夫です。
ぬるま湯は「33~35度位です。」

5.最後にタオルでふく時ですが、清潔なタオルを使いましょう。この時にゴシゴシふくのではなく押さえるようにしてふきとりましょう。

しっかり保湿

肌の保湿はとても大切です。

洗顔後の肌はとてもデリケート。ここでしっかり保湿をしないと、乾燥肌になったり毛穴が開きっぱなしになったりと、せっかくきれいにしたことが台無しです。

化粧水で水分を与え、乳液やクリームで蓋をする。まずはこれが基本ですが、ただコスメをつけているだけでは不十分です。

化粧水に関しては、悩み別に使い分けるのが効果的です!
毛穴の開きが気になるなら、引き締め効果のある収れん化粧水。
毛穴の黒ずみ・角栓が目立つなら、拭き取り化粧水。
シミを薄くしたいなら、ビタミンCなどが含まれているもの。
自分の目的に合ったものを使いましょう。

また、乳液やクリームで蓋をする前に、プラスアルファで使うと良いものがあります。

それは、美容液。

美容液にも様々な種類があります。
コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分が中心のもの、ビタミンCなどの美白専用のものなどです。
こちらも悩みに合わせて選びましょう。

化粧水のあと、美容液を肌になじませます。
気になる部分には重ね付けをするのがおすすめです。
そして乳液やクリームで、潤いを閉じ込めればOKです!

このように、しっかり保湿をすれば美肌を目指すことができます。
普段のスキンケアを少し変えるだけなので、簡単ですね。

毛穴をなくすには

毛穴をなくすには緩んだ毛穴を引きしめる事です。まずクレンジングです。

適度に冷ましたホットタオルを使い毛穴を開かせます。
毛穴の汚れを溶かすタイプのクレンジングを使い丁寧にマッサージします。
肌に負担がかからないように拭き取るか洗い流します。

次に洗顔です。
肌に合った洗顔クリームや石鹸を使い手のひらにこんもりと野球のボール位の大きさまで泡立てると良いです。
肌に手が触れないように泡で顔を洗います。
すすぎは何度もバシャッバシャッと洗顔石鹸が残らないように洗い流します。
次に氷一粒が溶けてなくなるまで氷マッサージをします。
タオルでポンポンと軽く叩くように水気をとります。
収れんタイプの化粧水を使うとなお良いです。
毛穴は適度に叩くとしまるのでポンポンと叩いて化粧水をつけます。
美容液、乳液などをつけて終わりです。

ニキビをなくすには

ニキビの場合はアクネ菌が原因なので専用の洗顔、保湿で治ります。

ただ専用の物はニキビを治すために作られているので、乾燥(油分を奪う)が酷くなるのでニキビのできている箇所にポイントでつけると良いです。しかしニキビが赤く炎症している場合は早めの受診をする事をおすすめします。

ニキビ痕の残る原因になってしまいます。

シミ、シワなどの老化現象をなくすには

老化現象はなくす事は無理ですが遅らせる事はできます。やはりシミ、シワ専用の化粧品を使い、丁寧な洗顔と保湿を心がける事です。シミ、シワにもホットタオルは有効です。夜の入浴時の洗顔は42度洗顔がとっても良いですよ。少し熱いと感じますが火傷する事はありません。

42度洗顔をするとヒートショックを起こし、肌が治そうとする働きをするので必要なコラーゲンが皮膚の中から出てくるのです。野菜が50度洗いで蘇るのと同じ理屈です。

用途に応じてホットタオルと42度洗顔のヒートショックを使い分けて下さい。ホットタオルは火傷しないように料理用の温度計で42度になっているかを計ってから使う方が良いです。

食事や生活習慣で肌を綺麗にする

喫煙や多すぎる飲酒は美肌にとっては天敵です。
出来れば辞める事をおすすめします。
食生活は脂質を控えて、野菜中心を心がける事をおすすめします。

特にビタミンCはコラーゲンを生成するのを助けてくれたりストレスを緩和したり、メラニン色素の沈着を防いだりと美肌に欠かせない栄養素です。体に蓄積しないため毎日摂取する必要があります。ビタミンCが多い食品はキウイやキャベツ、ジャガイモなどです。

なんでもレモンを搾るようにすると適度にビタミンCがとれるので心がけてみて下さい。また腸の中が汚いと肌も汚くなるので、食物繊維を沢山食べて腸の中を綺麗にしましょう。食物繊維の多い食品はキノコ類や豆類などです。中でもいんげん豆は食物繊維が豊富です。

顔のストレッチをして、適度に顔の筋肉を使う事も美肌につながります。くちを「う」の形にしたり「い」の形にしたりを20回を3セットやるだけでかなり顔が引き上がるし美肌にも繋がります。

マッサージで美肌を手に入れる

リンパ腺にそってマッサージする事で血流をなが肌が綺麗になります。まず額の外側から内側に真ん中まで、鼻筋を下にたどり目の下を内側から外側になぞり、目尻からもみ上げを通り耳たぶの下で少し押しながら首の下に流します。

マッサージする事で血流の流れを良くして肌を綺麗にします。このように、肌のトラブルをなくして、食生活や生活習慣を見直し、自分に合ったものをつかい、ストレッチやマッサージも取り入れて肌をきれいにしましょう。

化粧品の順番

肌をキレイに保つためには、化粧品が必需品になっています。化粧品には、それぞれの役割があります。なので間違っていると効果が半減したり肌荒れの原因になってしまったりするので化粧品の仕方が間違っていないが確かめてみて下さい。

化粧品を使うときも洗顔と同じように毛穴が開いている時に化粧品を使いましょう。洗顔した後にすぐ化粧品を塗るようにすると毛穴が開いている状態なので肌に馴染みやすいです。

それでは、化粧品の正しい順番を紹介したいと思います。

1.化粧水

一番最初は化粧水です。化粧水は、主に保湿成分を補うのが役割です。化粧水は、角質層までしっかりと浸透することで、他の化粧品が浸透しやすくなりますので、必ず化粧水は最初に使いましょう。

2.美容液

美容液は、シワやたるみなどに有効成分を補います。美白や保湿の効果があります。しかし最低限にしたい方は、美容液を省略しても大丈夫です。

3.乳液

保湿もしてくれますし、必要な油分を補ってくれる役割があります。

4.クリーム

最後にクリームです。クリームは、油分が乳液より多く配合されています。なので化粧品・美容液・乳液で与えてきた有効成分を最後にクリームで肌に閉じ込める役割があります。

睡眠について

お肌をキレイに保つには、睡眠は重要です。しかし睡眠と言っても睡眠時間ではなく、睡眠の質がとても重要なのです。

睡眠の質とは?

睡眠の質とは、深い眠りに入る事です。深い眠りに入ることで成長ホルモンが分泌されるようになります。なので、睡眠時間が少ない方でも深い眠りに付けていれば大丈夫です。

睡眠の質を良くするには?

就寝前にこんなことをしている方は、気を付けましょう。

・テレビ・スマホ・パソコンは、脳に刺激を与え熟睡の妨げになるので、就寝する1時間前には終わりにしましょう。
・カフェイン・アルコールは、眠りを浅くするので就寝前に飲むのは避けましょう。
・就寝2時間前には、食べ物を入れない。

食べてすぐ寝てしまうと、まだ消化されていない状態なので眠りを浅くします。
このような事に気を付けて質の良い眠りを心掛けましょう。

正しいお肌のケアをして、いつもキレイなお肌でいれるようにしましょう。

規則正しい生活

スキンケアと並んで大事なのは、規則正しい生活を送ることです。

偏った食事・睡眠不足・ストレス・喫煙などは、美肌の天敵です!
いくら肌のお手入れを頑張ったところで、生活が乱れていたら意味がありません。

特に食事は、栄養バランスをきちんと考えましょう。
油っぽいものはできるだけ避け、野菜や果物などでビタミン類を積極的に摂ることが大切です。

睡眠不足と喫煙は、肌の老化を加速させます。
早めに、しっかり眠ることで細胞もきちんと生まれ変わり、肌の新陳代謝が良くなります。
タバコはビタミンCを破壊したり、血流が悪くさせるので、肌のくすみにつながります。
できる限りやめましょう。

そしてストレスは、ニキビを中心とする肌荒れの元になります。
定期的にストレスを発散して、溜め込まないようにしましょう!

規則正しい生活を心がければ、自然ときれいな肌を保てます。
しっかり意識してみましょう。

どれも、普段の生活で実践できることばかり。
きれいな肌になるために、今日から見直してみましょう!

おすすめオーガニックコスメ

ホワイトジェリー

関連記事

ページ上部へ戻る